大錫.blog

大阪錫器と錫についてのあれこれを掲載しております

カテゴリ: タンブラー

前回の結果、ポリエチレンブラシで錫をこすっても問題がなさそうでしたのでこのブラシを使い錫のタンブラーの内側をみがいてみることにいたします。

19_1
鉄粉と油で変色したタンブラーの内側続きを読む

変り種のみがき方ばかりをしているのもいかがなものか、ということで今回は「wenol(ウィノール)」研磨剤でみがいてみることにいたします。

4_06

タンブラーは入れ歯洗浄剤で使ったのと同じものです。

続きを読む

メラミンスポンジや歯磨き粉ではへこみの部分の黒ずみをうまく落とすことができない。
これを楽に解決するにはどのようにすればよいのか・・・
と考えていたところ

「液体洗浄液につけ置きしてみようか」

という考えがうかんだので今回は入れ歯洗浄剤につけてみることにいたしました。
4_2
金属製品ということで部分入れ歯用です。「中性」「アルカリ性」の違いも確認するために「ポリデント」「パーシャルデント」の2つを使います。
続きを読む

最近はメラミンスポンジでみがくことをお薦めする話をきくことが増えた錫でございますが、少し前は「歯磨き粉でみがく」ことが薦められておりました。

そこで今回はメラミンスポンジと歯磨き粉の差を確認するために、歯磨き粉での黒ずみ落としを試してみることにいたします。

3_1
残念ながらスタンダードを用意できませんでしたので、今回はベルク(小)でのみがきとなります。続きを読む

「錫のコップを買ったんだけど使ってたら汚くたってきた。なんとかして。」

お買い上げいただいたお客様から販売店の売り場の店員のかたまでよく聞かれるのが「変色」への対処法でございます。

錫はさびない。
この業界ではよく言う言葉なんですが、よごれないではないんです。
置物ならともかく、長く使っていますとどうしても最初の状態を保つのが難しくなってまいります。

このことに関しまして営業の方に聞きましたところ「タンブラーを磨くならメラミンスポンジがいい」とのことでしたので、まずはこれを試してみることにいたします。

さいわい今回は普段使いではなかなかここまではよごれないだろう、という具合までよごれたタンブラーを調達できましたので
 

geki_migakimae
長年の酷使により変色したタンブラー 左の新品と比べると光沢がなくなっているのがよくわかります
続きを読む

このページのトップヘ